食べることで作られる

甥っ子が発達障害と診断されて、買った本。

発達障害の子どもが変わる食事」

食べることの知識が多少なりとも身についてから、やはり食べ物が影響していることは大きいと思うようになりました。

この本が出版されているということは、食べ物で発達障害にアプローチすることができるということ。

 

ただ、美味しいものを食べるだけに留まらなくなったわたしの食への探求。興味を持てて、ありきたりな表現だけど、学んでてワクワクするから探求を続けることができる。

食べ物の話だといくらでもできるし(笑)

 

さて、この本。

絶版になっていて、中古本しか手に入りませんでした。しかも値段も跳ね上がってて、定価875円がなんと3,700円…!

でも、少し読んで納得しました。真実をはっきり書いているから、絶版に追いやられてもしょうがない。価値ある本でした。

 

さて、今から読み込みます。

 f:id:cuore11:20160928230831j:image