読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cuore こころの泉

40代、感じること。身体のこと、心のこと。

どうしてわたしは焦るのだろう

先日、同僚が結婚すると聞きました。
付き合って4年。今年34歳になる彼女。
とても嬉しそうで幸せそう。こっちまで嬉しくなる。

ふと、その付き合っている4年間に結婚したいと口にしたことはなかったのだろうか?と思った。アラサーなら結婚を意識する頃。
そこを何も言わず待てるのは、スゴイなぁと素直に思った。
そこに、何も言わずついてきてくれる安心感を男性は感じるのかもしれない。

自分を思い返すと、不安と焦りではやく結婚したいと言ったこともあったし、結婚を考えてないなら、別れたいと思ったこともあった。
そんなことを思い出していたら、あの時わたしは本当にその人が好きだったの?心から信頼していた?
そんな疑問が浮かんだ。

結局、わたしは自分のことしか考えてなかったのかもしれない。

そして、どうしてあんなに結婚したかったのだろう?
それはきっと、結婚すれば幸せになれると思っていたから。結婚に憧れていて、その憧れを手にすれば幸せになれると思ってた。

憧れるのは悪いことじゃない。憧れに近づくのは嬉しいことだし、幸せなこと。
でも、結婚は1人のことでないから。2人でやっていくものだから。1人で突っ走ってはダメ。

ずいぶん、歳を重ねてしまったけれど。
恋愛のことは今でも気づくことがたくさんある。
また、恋愛するのならもっと相手を思いやりたい。もちろん自分のことも。
f:id:cuore11:20160227190927j:image